Sophie la girafe キリンのソフィー | 5感に働きかける

Sophie la girafe キリンのソフィー | 5感に働きかける

キリンのソフィーの魅力「5感に働きかける」をビデオでご紹介しています。

みる:赤ちゃんの見やすい模様
生まれたばかりの赤ちゃんの目は、色のコントラストが多い物を見分けることしか、まだできません。ソフィーの白い体に描かれた茶色の模様や、黒くて丸い目は、赤ちゃんの目にも見やすく、視覚を発達させるのに役立ちます。

きく:ちょうどいい大きさの音
ソフィーを握った時にでるキューという音は、赤ちゃんの大好きな音。「このおもちゃを触るとこの音が出る」と、原因と結果を学ぶこともできます。赤ちゃんの聴覚を鍛えながらも、大きすぎないちょうどいい大きさの音です。

さわる:素肌のようなやわらかさ
手で触ることは、赤ちゃんにとって、新しい世界との最初の接触になります。お母さんの肌のようにやわらかいソフィーは、赤ちゃんもよく知っている触りごこち。握りやすい長い首や足をもつソフィーは、小さな手にぴったりです。

かむ:お口にいれても安心
赤ちゃんがなんでも口に入れてしまうのは、味覚を使って、新しい世界を探索しているから。ソフィーなら天然ゴムと食用の塗料で色づけしているので、赤ちゃんのおもちゃとして安心です。歯がむずがゆい時期に大活躍します。

かぐ:天然のやさしいかおり
ソフィーは、香りがよいことで知られているマレーシア原産の天然ゴムで作られています。たくさんのおもちゃの中にあっても、赤ちゃんは嗅覚を使ってソフィーを自分のおもちゃ、として認識し、安心して遊ぶことができます。

LEAVE A REPLY

*